crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

景気ウォッチャー調査分析2 - 回答率と景況感に相関はあるのか?

f:id:cross_hyou:20180519121731j:plain

前回は、各地域によってアンケートの回答率に違いがあるかどうかを調べました。

その結果、中国地域の回答率100%は有意に全国平均より高く、四国、九州、沖縄は全国平均より有意に回答率が低いことがわかりました。これは、その地域の景況感に影響されているかもしれません。景気が良かったら、アンケートにも気持ちよく回答できるでしょうし、その反対に景気が悪かったら、アンケートに答える気にはならないかもしれないです。

f:id:cross_hyou:20180609121154j:plain

これが回答率です。

f:id:cross_hyou:20180609121216j:plain

これが景況感です。5月は、全国ベースで47.1と景況感の境目の50を下回り、こでで5か月連続で50以下です。この二つのデータをもとに、エクセルで以下のようなcsvファイルを作りました。

f:id:cross_hyou:20180609122451j:plain

沖縄だけが景況感が50を上回り54.0となっています。しかし、沖縄が一番回答率は低いです。景況感と回答率は関係なさそうですね。

R言語でこのcsvファイルを読み込みます。

f:id:cross_hyou:20180609123003j:plain

散布図を作成して、視覚化してみましょう。plot関数を使います。

f:id:cross_hyou:20180609123451j:plain

f:id:cross_hyou:20180609123507j:plain

回答率と景況感は関係なさそうですね。

kendallの順位相関係数を求めてみましょう。cor.test関数を使います。

f:id:cross_hyou:20180609123934j:plain

tau が-0.03871048となっています。これが相関係数です。

p-value=0.8545 > 0.05 ですから、景況感と回答率は相関がないといえます。