crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

鉱工業出荷内訳表の分析8 - 月によって、輸出 / 国内 の比率に違いはあるか?

前回は、鉱工業出荷内訳表のデータを使って、輸出 / 国内の比率の傾向を調べました。2015年以降は輸出のほうが多くなっていることがわかりました。

今回は、月によって、輸出 / 国内 の比率に傾向があるかどうかを調べたいと思います。

まずは、read.csv関数でデータを読込み、summary関数でデータの要約を表示します。

f:id:cross_hyou:20180815071957j:plain

こんな感じです。

次に、輸出だけ、国内だけ、のデータフレームを作成します。

f:id:cross_hyou:20180815072147j:plain

データフレーム[ , c(必要な列1, 必要な列2, ...)]というように、データフレームと[ ]で必要な列を指定して、輸出だけ、国内だけのデータフレームを作成しています。作成したデータフレームを割り算すると、輸出 / 国内 の比率になります。

f:id:cross_hyou:20180815072603j:plain

head(データフレーム, 表示行数)で、初めの2行だけを表示しています。

列名が、鉱工業.輸出のように、.輸出がついていますので、新しく列名を付け直します。

f:id:cross_hyou:20180815072808j:plain

summary関数で要約します。

f:id:cross_hyou:20180815072909j:plain

比率の最小値は、石油が記録した0.5660で、最大値は情報通の1.6620ですね。

cut関数で1未満を国内超、1より大きいを輸出超とファクタに変換します。

f:id:cross_hyou:20180815073227j:plain

こうして作成したファクタのデータ群ともとのデータフレームの年、月のデータを結合させます。cbind関数を使います。

f:id:cross_hyou:20180815073523j:plain


年と月が数値データとして取り込まれていますので、factor関数を使って、ファクタに変換します。

f:id:cross_hyou:20180815073808j:plain

このように、ファクタに変換されました。

月と各業種のクロス表を作成します。table関数を使います。

f:id:cross_hyou:20180815074722j:plain

こうして、作成したクロス表を合計します。単純に足し算するとOKです。

f:id:cross_hyou:20180815075340j:plain

1月と2月は輸出超が多い感じですが、有意な違いといえるのかな?カイ自乗検定で確かめてみましょう。

帰無仮説:月と輸出超・国内超の度数は関連がない。

対立仮設:月と輸出超・国内超の度数は関連がある。

です。

f:id:cross_hyou:20180815080045j:plain

p-vakue = 0.801 > 0.05 ですから、帰無仮説は棄却されません。

月によって、輸出超・国内超の度数に違いはないようです。