crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

消費者物価指数の分析6 - R言語の時系列分析(ts関数、plot関数、acf関数を使ってみた)

 

www.crosshyou.info

 の続きです。消費者物価指数のデータは時系列データですから、R言語で時系列の分析の練習をしようと思います。参考にした本は、

 

現場ですぐに使える! R言語プログラミング逆引き大全 350の極意

現場ですぐに使える! R言語プログラミング逆引き大全 350の極意

 

 です。

まずは時系列オブジェクトを作成しないといけないようで、ts関数で作成します。ts関数はベクトルかマトリックスで作動するようなので、いままで作成してある、DF_CPI3をマトリックスに変換しようと思います。as.matrix関数です。

f:id:cross_hyou:20181103120833j:plain

DF_CPI3の69列目は「年代」ですから、これを削除してマトリックスにしています。

そして、MX_CPIをts関数で時系列オブジェクトにします。

f:id:cross_hyou:20181103121722j:plain

こんな感じで時系列オブジェクトになりました。

plot関数で「総合」と「履物類」の時系列データをプロットしてみます。

f:id:cross_hyou:20181103123050j:plain

f:id:cross_hyou:20181103123105j:plain

「総合」と「履物類」はよく似た動きをしていますね。

「総合」と「他の諸雑費」はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20181103123743j:plain

f:id:cross_hyou:20181103123821j:plain

わかりずらい」ですが、「他の諸雑費」の上昇は「総合」よりも大きいです。

つぎは、acf関数で自己相関係数をプロットしてみます。

f:id:cross_hyou:20181103125352j:plain

f:id:cross_hyou:20181103125402j:plain

ラグが大きくなるほど自己相関係数が小さくなっています。といっても時系列分析がどんなもんだかわかってないので、よくわからないです。

今回は以上です。