crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

木質バイオマスエネルギー利用動向調査の分析2 - R言語で列の合計を算出する

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は事業所のタイプや使用材料のタイプごとの比率を算出してみましょう。

まずは、種類ごとの合計値をcolSums関数で算出してみます。

f:id:cross_hyou:20181213191040j:plain

総使用量が888万0772トンです。木材チップが773万4236トンで大半ですね。

割合を計算してみましょう。

f:id:cross_hyou:20181213191844j:plain

木材チップが87%と大半なのがわかります。

続いて事業所のタイプを見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20181213192211j:plain

 

事業所総数が1343か所で、ボイラーが1175か所ですからボイラーが大半ですね。

ほとんどの事業所は木材チップをボイラーで燃やして熱を得ている、ということだと言えます。

割合も計算しておきましょう。

f:id:cross_hyou:20181213192535j:plain

ボイラーの事業所が87%ほどだとわかります。

今回は以上です。

 次回は

 

www.crosshyou.info

 

です。