crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

水害統計調査の分析3 - 各都道府県の水害の死者、行方不明者、負傷者、被害額

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は各都道府県だけのR言語データフレームを作成して基本統計量や最も被害があったのは何年のどこの県かなどを調べてみたいと思います。

subset関数で作成するのは同じです。

f:id:cross_hyou:20190112102558j:plain

まずは上のようにkakuという名前のデータフレームを用意して、「全国」を削除しました。削除のときは、都道府県 != "全国" のようにします。

続いて、〇〇地方を削除しましょう。

f:id:cross_hyou:20190112103550j:plain



前回の地方だけのデータフレーム作成に使用したコードを少し手直しして作成します。

kaku$都道府県には、全国や関東地方などいらないファクタのLevelsが残っていますから削除しましょう。

f:id:cross_hyou:20190112103639j:plain

str関数を実行すると、Factor w/47 levels と表示されています。Levelsが47都道府県だけになったことがわかります。

order関数を使って並び替え表示をしましょう。まずは一番被害者の合計人数が多かったのは何年のどこの県でしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112104433j:plain

2006年の宮崎県は158名の被害者で一番多いです。

死者はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112104627j:plain

2014年の広島県が77名で一番でした。

行方不明者はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112104839j:plain

2011年の奈良県が10名で一番でした。

負傷者はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112105130j:plain

2006年の宮崎県が155名で一番でした。

被害額はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112105346j:plain

2011年の和歌山県が1556億8200万円で一番でした。

この水害統計調査のデータは2006年から2014年までの9年間です。この9年間合計の値を都道府県ごとにまとめてみましょう。tapply関数とsum関数でいけると思います。

まずは被害者の合計人数です。

f:id:cross_hyou:20190112110755j:plain

sort関数で大きい順に並べています。宮崎県が9年間合計で186人で一番です。

死者はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112111112j:plain

広島県が86人で一番です。群馬、山梨、青森、大阪、長崎は9年間で死者が一人もいません。

行方不明者をみてみましょう。

f:id:cross_hyou:20190112111619j:plain

奈良県が10人で一番です。行方不明者は少ないですね。

負傷者はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190112112003j:plain

宮崎県が182人で一番です。

被害額をみます。

f:id:cross_hyou:20190112112410j:plain

兵庫県が2058億3100万円で一番です。

こうして作成した合計合計値、死者合計値、行方不明者合計値、負傷者合計値、被害額合計値をまとめたデータフレームを作成します。data.frame関数で作成できます。

f:id:cross_hyou:20190112114049j:plain

このように作成できました。

今回は以上です。

 次回は

 

www.crosshyou.info

 

です。