crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

景気ウォッチャー調査データと株価の分析5 - R言語のseq関数で日付の列を作成する

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はR言語で日付の列を作成したいと思います。

 

Rクックブック

Rクックブック

 

 いつも参考にしているこの本を参考にして、日付を作成します。

seq関数で日付が作成できるようです。

分析しているデータの開始月と終了月を確認します。

head関数とtail関数で始めの数行と終わりの数行を表示します。

f:id:cross_hyou:20190216113010j:plain

開始月は2000年10月、終了月は2018年12月でした。

seq関数で日付のベクトルを作成するには、開始日(from), 終了日(to), 増分(by)を指定するといいようです。開始日を2000年10月25日、終了月を2008年12月25日にとりあえずして、by = "month" とするといいです。

f:id:cross_hyou:20190216113737j:plain

うまくできました。

str関数でクラスの確認をします。

f:id:cross_hyou:20190216114019j:plain

Dateクラスになっていることがわかります。

summary関数を適用したらどうなるのかな?やってみます。

f:id:cross_hyou:20190216114506j:plain

あ~、平均値とか計算できるんですね。

これと株価のグラフをplot関数で描いてみます。

f:id:cross_hyou:20190216114303j:plain

f:id:cross_hyou:20190216114316j:plain

株価はリーマンショックの後に急落していますよね。。

景気ウォッチャーのデータも同じようにグラフにしましょう。

f:id:cross_hyou:20190216115528j:plain

f:id:cross_hyou:20190216115542j:plain

こうなります。

今回はseq関数で日付のデータが作成できることを練習しました。