crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

景気ウォッチャー調査地域別(現状)のデータ分析2 - R言語のtapply関数で年別、月別、地域別に集計する。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、年ごと、月ごと、地域ごとに集計をしようと思います。tapply関数を使えばいいです。

まずは年別の平均値です。

f:id:cross_hyou:20200118160229p:plain

barplot関数で棒グラフにしてみます。

f:id:cross_hyou:20200118160544p:plain

f:id:cross_hyou:20200118160600p:plain

abline関数で50の水準に赤い水平線を引きました。50以上だと景気が良くて、50未満だと景気が悪いことを意味します。2008年、リーマンショックの時はとても景気が悪かったですね。2018年、2019年と景気が悪くなってきています。

月別ではどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20200118160854p:plain

9月が一番大きい値のようです。それでも50以下ですが。。

barplot関数で棒グラフにしてみます。

f:id:cross_hyou:20200118161247p:plain

f:id:cross_hyou:20200118161302p:plain

こんどはabline関数で平均値の水準に水平線を引いてみました。3、4、5月が平均以下ですね。

地域別でも見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200118161525p:plain

sort関数を使って小さい順に表示しました。北関東が一番低く、沖縄が一番高いです。

barplot関数で棒グラフにします。

f:id:cross_hyou:20200118161911p:plain

f:id:cross_hyou:20200118161928p:plain

こんな感じです。東京都は平均以上なのに、北関東、関東、南関東は平均以下です。

tapply関数は2つのデータで集計することもできます。

f:id:cross_hyou:20200118163447p:plain

round関数を使って小数点以下2桁までにしました。

今回は以上です。