crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

消費動向調査のデータ分析3 - 正規雇用者・非正規雇用者・自営業者・無業者で暮らし向きに違いがあるか?に

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は雇用形態(正規雇用、非正規雇用、自営業、無職)で暮らし向きに違いがあるかどうかを調べます。

前回と同じような分析手順です。まずはTable4を抽出します。

f:id:cross_hyou:20200408112200j:plain

必要な行は、3、4、5、7行のデータなのでこれらの行だけにします。

f:id:cross_hyou:20200408112354j:plain

前回と同じようにBestとBetterを統合してGoodに、WorseとWorstを統合してBadにします。

f:id:cross_hyou:20200408112525j:plain

比率になおして棒グラフにしてみましょう。

f:id:cross_hyou:20200408112647j:plain

f:id:cross_hyou:20200408112659j:plain

あまり違いは無さそうですね。

比率を数値でも確認しましょう。

f:id:cross_hyou:20200408112856j:plain

正規雇用者はGoodが4%ですが無業者は1%ですね。

それでは、chisq.test関数でカイ2乗検定をしてみます。

f:id:cross_hyou:20200408114358j:plain

p-valueが9.773e-06ですので0.05より小さいですから有意な違いがあるということですね。

調整済み残差マトリックスでどのグループが有意に違うか見てみます。

f:id:cross_hyou:20200408114603j:plain

正規雇用者のGoodの比率が有意に多いですね。無業者のGoodの比率は有意に少ないです。正規雇用者のBadの比率が有意に少ないですね。

正規雇用者は他と比べると暮らし向きがいいようですね。

今回は以上です。