crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

GDPギャップのデータ分析2 - R言語でグラフを描く

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はそれぞれのデータのグラフを描いてみます。plot関数を使います。

f:id:cross_hyou:20200525062119j:plain

f:id:cross_hyou:20200525062130j:plain

GDPギャップのグラフです。マイナスの時が多いようです。

f:id:cross_hyou:20200525062345j:plain

f:id:cross_hyou:20200525062357j:plain

GDPの潜在成長率のグラフです。最近は1%のちょっと下あたりです。

f:id:cross_hyou:20200525062658j:plain

f:id:cross_hyou:20200525062754j:plain

TFPのグラフです。長期的に低下傾向です。

f:id:cross_hyou:20200525063018j:plain

f:id:cross_hyou:20200525063030j:plain

 資本投入量のグラフです。最近は上昇しているようですが、ピーク時に比べるとだいぶ低いです。

f:id:cross_hyou:20200525063545j:plain

f:id:cross_hyou:20200525063558j:plain

労働投入量のグラフです。最近は上昇傾向ですね。

 

これらを一つのグラフにしてみます。

まずデータの範囲を確認します。

f:id:cross_hyou:20200525064050j:plain

最大値は一番大きくて4.8です。最小値は一番小さくて-6.9です。-7から5をY軸の範囲にするといいですね。

f:id:cross_hyou:20200525065136j:plain

f:id:cross_hyou:20200525065150j:plain

こうして一つのグラフにすると、GDPギャップは変動の度合いが大きいことがわかります。

今回は以上です。