crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

東証の業種別空売りデータの分析6 - 前日比を空売り比率で回帰分析する。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は前日比を規制有りの空売り比率と規制無しの空売り比率で回帰分析をしてみたいと思います。R言語のlm関数を使います。

規制無しの空売り比率と前日比の相関係数が、0.3965843ですので、この相関係数をどれだけ上回る回帰モデルになるか注目です。

f:id:cross_hyou:20200628085351j:plain

2乗項と交互作用項も取り入れたモデルを作ってみました。p-valueは、0.07795と、0.05よりも大きく有意なモデルでありません。

交互作用項を削除してみます。

f:id:cross_hyou:20200628085633j:plain

anova関数ではじめのモデル、lm1と交互作用項を削除したモデル、lm2を比較しています。p値は、0.7844と、0.05よりも大きいので、lm1とlm2では有意な違いはありません。

lm2を見てみます。

f:id:cross_hyou:20200628085920j:plain

規制有りを削除します。

f:id:cross_hyou:20200628090140j:plain

規制有りを削除しても有意な違いは無いようです。

lm3を見てみます。

f:id:cross_hyou:20200628090309j:plain

規制有りの2乗項を削除してみます。

f:id:cross_hyou:20200628090454j:plain

規制有りの2乗項を削除しても有意な違いはありません。

lm4を見てみます。

f:id:cross_hyou:20200628090630j:plain

規制無しの2乗項を削除しましょう。

f:id:cross_hyou:20200628090747j:plain

2乗項を削除しても有意な違いはありません。

lm5を見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200628091659j:plain

結局、残った説明変数は、規制無しだけでした。Multiple R-squaredは、0.1573です。

これの平方根が相関係数です。

f:id:cross_hyou:20200628091912j:plain

残差プロットを見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200628092110j:plain

f:id:cross_hyou:20200628092123j:plain

残差に特別なパターンは無いようです。

散布図に回帰直線を重ねてみます。

f:id:cross_hyou:20200628092356j:plain

f:id:cross_hyou:20200628092408j:plain

空売り比率が高いほど、前日比は大きくなる、という関係です。

今回は以上です。