crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

海外在留邦人数統計調査のデータ分析3 - R言語のwhich.max関数とwhich.min関数を使う。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はR言語のwhich.max関数、which.min関数を使ってみたいと思います。

which.max関数は最大値がどこにあるかを教えてくれる関数です。

which.max関数

139行目にあるようです。

139行目は何か確認しましょう。

df[139, ]

平成30年のベトナムが前年比28.1%で最大の伸びでした。

これを1行のコマンドでやってみます。

df[which.max(df$Chg), ]

続いて、which.min関数で最小値を調べます。

df[which.min(df$Chg), ]

平成26年の中国が前年比-10.2%で最小の伸び、というか最大の縮小でした。

今回は以上です。