crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

農林水産物合計と上位20品目のデータ分析6 - R言語で散布図を作成する。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はR言語のggplot2パッケージのgeom_point関数を使って金額_対前年増減率と数量_対前年増減率の散布図を描いてみます。

まず、金額_対前年増減率のデータフレームを作りました。

 

f:id:cross_hyou:20201018180101p:plain

同じように数量_対前年増減率のデータを作ります。

f:id:cross_hyou:20201018180318p:plain

この2つのデータフレームをhinmokuをキーにしてinner_join関数で結合します。

f:id:cross_hyou:20201018181139p:plain

na.omit関数でNAの行を削除しました。さらにselect関数で変数の順番を並びかえました。

これでデータフレームはできたので、散布図を描いてみます。

f:id:cross_hyou:20201018182006p:plain

f:id:cross_hyou:20201018182025p:plain

geom_hline関数でy = 0の水準に赤い水平線、

geom_vlime関数でx = 0の水準に赤い垂直線を付け加えました。

金額、数量ともに減った品目が1つ、金額は増えたけれども数量が減った品目が4つあることがわかります。

今回は以上です。