crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の中二生徒のスポーツテストのデータ分析4 - R言語で散布図マトリックスを作成。psych::pairs.panles関数とGGally::ggpairs関数

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はR言語で散布図マトリックスを作成してみます。

まず、標準化したデータだけのデータフレームを用意します。

f:id:cross_hyou:20201031204013p:plain

str関数でデータフレームの構造を確認します。

f:id:cross_hyou:20201031204122p:plain

こんな感じです。標準化しているので、center とかscaleというattrがあります。

psychライブラリーを読み込みます。

f:id:cross_hyou:20201031204335p:plain

psychパッケージの中のpairs.panels関数を使います。

f:id:cross_hyou:20201031204507p:plain

f:id:cross_hyou:20201031204523p:plain

もうひとつ、GGallyパッケージのggpairsでも作成してみます。

f:id:cross_hyou:20201031204729p:plain

ggpairs関数を使いましょう。

f:id:cross_hyou:20201031204903p:plain

f:id:cross_hyou:20201031204920p:plain

あれ?おかしいですね?いろいろなattrが悪さをしているのでしょうか?

余計なattrをなくしてからggpairs関数を使ってみます。

f:id:cross_hyou:20201031205321p:plain

f:id:cross_hyou:20201031205344p:plain

うまく描くことができました。

今回は以上です。