crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の空き家・持ち家・借家数のデータ分析8 - R言語で年ごとの箱ひげ図の推移を作成。geom_boxplot関数

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、geom_boxplot関数を使って、年ごとのデータの推移を箱ひげ図で表現してみました。

まずは、空き家率からです。

f:id:cross_hyou:20201112144146p:plain

f:id:cross_hyou:20201112144201p:plain

x = as.factor(year)としてyearをファクター型に変換しています。

空き家率は年ごとに上昇しているのがよくわかります。

 

次は、持ち家率です。

f:id:cross_hyou:20201112144424p:plain

f:id:cross_hyou:20201112144506p:plain

持ち家率は年をおうごとに低下しています。

 

最後は、借家率です。

f:id:cross_hyou:20201112144733p:plain

f:id:cross_hyou:20201112144746p:plain

借家率は横ばいでしょうか?バラツキがだんだん小さくなっているようです。

 

今回は以上です。