crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の「医療費の動向」調査のデータ分析2 - R言語のgeom_histogram関数とfacet_grid関数でヒストグラムを描く。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は読み込んだデータがどんなものか、おおまかに確認しましょう。

summary関数を使ってみます。

f:id:cross_hyou:20201113092658p:plain

yearを見ると、このデータは、2015年度、2016年度、2017年度の3年間分のデータがあることがわかります。

各変数の平均値を見ると、visit: 訪問看護療養が飛びぬけて高い値であることがわかります。

とりあえず、total: 総計 についてもう少し詳しくみてみましょう。

まずは、geom_histogram関数でヒストグラムを描いてみます。

f:id:cross_hyou:20201113093829p:plain

f:id:cross_hyou:20201113093846p:plain

山の頂上が2つあるような分布ですね。

年度によって違いがあるかもしれません、facet_grid関数を付け足して、年度ごとのヒストグラムを作成します。

f:id:cross_hyou:20201113094223p:plain

f:id:cross_hyou:20201113094239p:plain

年度によっての違いがはっきりしていますね。

東日本・西日本の違いはあるでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201113094655p:plain

f:id:cross_hyou:20201113094719p:plain

東日本と西日本では明確な違いはなさそうです。

 

日本海側と太平洋側とその他の違いはあるでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201113095025p:plain

日本海側と太平洋側とその他では、明確な違いはなさそうです。

今回は以上です。