crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の「医療費の動向」調査のデータ分析5 - R言語のarrange関数で並び替えをする。

 

www.crosshyou.info

 今回はR言語のarrange関数で各変数を大きい順、小さい順に並び替えてみます。

まずは、total: 総計からです。

f:id:cross_hyou:20201115163944p:plain

医療費の総計が前年比で一番下がったのは2016年度の香川県で、-2.2%でした。

一番伸びたのはどこでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201115164107p:plain

2015年度の千葉県が5.0%で一番の伸びでした。

 

medical_total: 医科_計を並び替えてみます。

f:id:cross_hyou:20201115164302p:plain

2016年度の高知県が-1.7%で一番減少しました。

反対に一番上昇したのはどこでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201115164420p:plain

2015年度の千葉県と2015年度の東京都と2015年度の奈良県が3.8%の伸びで一番でした。

 

medical_in: 医科_入院はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201115164837p:plain

2016年度の熊本県が-1.0%で一番減少しました。2017年度の奈良県が4.3%で一番上昇しました。

 

medical_out: 医科_入院外はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201115165237p:plain

2016年度の高知県が-3.6%で一番の減少です。2015年度の山梨県が4.7%で一番の上昇です。

 

dental: 歯科はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20201115165548p:plain

2017年度の島根県と2016年度の岩手県が-1.3%で一番減少しました。2017年度の熊本県が3.4%で一番上昇しました。

 

pharma: 調剤のランキングを見ます。

f:id:cross_hyou:20201115182733p:plain

2016年度の佐賀県が-8.0%で一番の低下でした。2015年度の和歌山県が22.1%で一番の伸びでした。

 

visit: 訪問看護療養のランキングです。

f:id:cross_hyou:20201115183126p:plain

2015年度の山梨県が3.0%で一番低い伸び率です。

2015年度の石川県が33.4%で一番高い伸び率です。

 

最後はmedical_out_pharma: 医科_入院外+調剤です。

f:id:cross_hyou:20201115200520p:plain

2016年度の広島県が-4.2%で一番低下しました。2015年度の佐賀県が6.6%で一番上昇しました。

今回は以上です。