crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別のパスポート発行数のデータ分析2 - パスポート発行は8月が一番多く、11月が一番少ない。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

summary関数でデータの要約を見てみます。

f:id:cross_hyou:20201210201228p:plain

issueの最大値が67万1634って大きすぎのような気がします。

arrange関数でissueを大きい順に並び替えてみましょう。

f:id:cross_hyou:20201210201404p:plain

あ。CSVファイルを作る際に削除していたと思っていた年間トータルのデータが残っていました。これは削除します。

f:id:cross_hyou:20201210201531p:plain

もう一度summary関数で見てみます。

f:id:cross_hyou:20201210201623p:plain

issueの最大値が6万9727となりました。

もう一度、arrange関数でissueの大きい順に表示してみます。

f:id:cross_hyou:20201210201751p:plain

一番多いのは2017年8月の東京都で、6万9727冊の発行です。

substr関数を使って、yearからmonth(月)を作ります。

f:id:cross_hyou:20201210202047p:plain

yearを年だけにします。これもsubstr関数を使います。

substr(文字列, 開始文字位置、終了文字位置)という構文です。

f:id:cross_hyou:20201210202224p:plain

substr(dat$year, 2, 5) ということは、yearの2文字目から5文字目を抜き出しなさい、ということです。d201712 とあったら、2017となります。

年ごとの平均値をグラフにしてみます。

f:id:cross_hyou:20201210202758p:plain

f:id:cross_hyou:20201210202732p:plain

2014年が少ないです。

グラフにしないで、数値を確認しましょう。あ、平均値じゃなくて合計にします。

f:id:cross_hyou:20201210203037p:plain

2010年が一番多くて、418万5073冊の発行です。2014年は321万0844冊の発行です。

月ごとの平均値をグラフにしてみます。

f:id:cross_hyou:20201210203551p:plain

f:id:cross_hyou:20201210203605p:plain

8月の発行が一番多いのですね。夏休みに海外旅行に行く人が多いからかな?

一番少ないのは11月のようです。

今回は以上です。

次回は

 

www.crosshyou.info

 です。

第1回目は

 

www.crosshyou.info

 です。