crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

牛乳乳製品の生産動向分析4 - 主要乳製品の生産量の推移をグラフにする。(plot関数)

今回は、主要乳製品の生産量の推移をグラフにしてみたいと思います。

まずは、csvファイルに保存してあるデータをread.csv関数で読込みます。

f:id:cross_hyou:20180816151908j:plain

バターの推移をグラフにしてみます。plot関数です。

f:id:cross_hyou:20180816152129j:plain

f:id:cross_hyou:20180816152141j:plain

plot(データ)でグラフになりますが、このように何もオプションをつけないと〇でのチャートになります。推移を見たいので、ライングラフにしましょう。type="l"とします。l は数字の1ではなくて、エルです。

f:id:cross_hyou:20180816152610j:plain

f:id:cross_hyou:20180816152622j:plain

山型のグラフですね。

脱脂粉乳のグラフはどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20180816153025j:plain

f:id:cross_hyou:20180816153036j:plain

バターと同じような形状です。main="脱脂粉乳"というオプションを加えて、グラフのタイトルを脱脂粉乳にしています。

次は、れん乳類です。

f:id:cross_hyou:20180816153417j:plain

f:id:cross_hyou:20180816153431j:plain

L(エル)字型ですね。ylab="生産量"というオプションを加えて、Y軸のラベルを生産量にしています。

全紛乳のグラフはどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20180816154306j:plain

f:id:cross_hyou:20180816154318j:plain

xlab="単位:トン"というオプションを加えて、X軸のラベルを追加しました。L字型よりももっと右肩下がりという形です。

チーズはどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20180816154657j:plain

f:id:cross_hyou:20180816154847j:plain

チーズの生産量は右肩上がりですね。type="b"にして〇とラインのグラフになります。

次は、調整粉乳です。

f:id:cross_hyou:20180816155544j:plain

f:id:cross_hyou:20180816155557j:plain

col="red"というオプションをつけて、グラフの色を赤くしています。

つぎはクリームです。

f:id:cross_hyou:20180816160125j:plain

f:id:cross_hyou:20180816160149j:plain

クリームは右肩上がりに生産量が増えています。lty="dashed"というオプションをつkてグラフの線を破線にしています。

最後はアイスクリームです。

f:id:cross_hyou:20180816160548j:plain

f:id:cross_hyou:20180816160559j:plain

N字を崩した形ですね。lwd=10というオプションで線の太さを変更しています。初期設定はlwd=1です。

plot関数のオプションをまとめると、
main=でグラフのタイトル、

ylab=でY軸のラベル、xlab=でX軸のラベル

type=でグラフの種類、lだと線

col=でグラフの色

lty=で線の種類

lwd=で線の太さ
です。

最後は8個のグラフを1つの画面にまとめます。
par(mfrow=c(2,4))として、2行4列に配置します。

f:id:cross_hyou:20180816162306j:plain

f:id:cross_hyou:20180816162327j:plain

グラフの形が似ているどうしで、色と太さを変えました。

バターと脱脂粉乳は赤い線、チーズとクリームは青い線、れん乳類、全粉乳、調整紛乳は黒い線、アイスクリームは太線です。

前回は因子分析でいくつかのグループに分けましたが、グラフで表示すると簡単に分けられますね。