crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

読書記録

読書記録 - 「迫りくる核リスク <核抑止> を解体する」 吉田 文彦 著 岩波新書

迫りくる核リスク 〈核抑止〉を解体する (岩波新書 新赤版 1946) 作者:吉田 文彦 岩波書店 Amazon 核戦争がいままで起こらなかったのは、米国とソ連(ロシア)の核抑止戦略が機能していたというよりは、幸運によるところが大きかった。 核兵器を地球上から廃絶…

読書記録 - 「地球外生命 アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来」 小林憲正 著 中公新書

地球外生命 アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来 (中公新書) 作者:小林憲正 中央公論新社 Amazon 読みながらワクワクしました。 火星や金星、木星の衛星のエウロパ、土星の衛星のタイタンやエンケラドゥスなどにもしかしたら生命が存在するかもしれ…

読書記録 - 「スピノザ - 読む人の肖像」 國分功一郎 著 岩波新書

スピノザ――読む人の肖像 (岩波新書 新赤版) 作者:國分 功一郎 岩波書店 Amazon スピノザという哲学者が昔、オランダに住んでいました。 彼は、聖書やデカルトの方法序説などをとてもよく読んで、彼独自の新しい哲学を作ったようです。 私には難しくて、2割も…

読書記録 - 「生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人」 アンドリュー・メイン著 ハヤカワ・ミステリ文庫

生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:アンドリュー メイン 早川書房 Amazon 生物学探偵セオ・クレイのシリーズ2冊目です。探偵というよりは、シリアルキラー・ハンターです。街の狩人というタイトルのとおり今回はロスアンゼルス…

読書記録 - 「人類と病 - 国際政治から見る感染症と健康格差」 詫磨佳代 著 中公新書

人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差 (中公新書 2590) 作者:詫摩 佳代 中央公論新社 Amazon 人類が感染症や生活習慣病とどのように対処してきたのかをまとめた本です。 中世のペスト(黒死病)から現在の新型コロナウイルス、糖尿病などの生活習慣病な…

読書記録 - 「生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者」 アンドリュー・メイン著 ハヤカワ・ミステリ文庫

生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:アンドリュー メイン 早川書房 Amazon 著者は有名なマジシャンだそうです。才能がいっぱいあるのですね。 主人公のセオ・クレイは生物工学(原著を確認していなですが、たぶん、bioinfomati…

読書記録 - 「東京国税局査察部」 立石勝規 著 岩波新書

東京国税局査察部 (岩波新書) 作者:立石 勝規 岩波書店 Amazon 1999年に出版された本なので、東京国税局査察部が現在もこの本に書かれているようなものなのかはわかりませんが、1999年当時を思い出すことができました。 金丸信の脱税や、山一證券の自主廃業…

読書記録 - 「日本のコメ問題 - 5つの転換点と迫りくる最大の危機」 小川真如 著 中公新書

日本のコメ問題-5つの転換点と迫りくる最大の危機 (中公新書 2701) 作者:小川 真如 中央公論新社 Amazon コメ問題と田んぼ問題がごちゃまぜになっていることが問題のようです。 今世紀中、この本では2052年ごろに、日本の農地が余る状態、つまり、全部の農…

読書記録 - 「未踏の蒼穹」 ジェイムズ・P・ホーガン

未踏の蒼穹 (創元SF文庫) 作者:ジェイムズ・P・ホーガン 東京創元社 Amazon 大学生か高校生の頃に同じ作者の「星を継ぐもの」を読んでほんとうにSFって面白いと感じました。同じ作者の同じような話です。地球人はもう絶滅してしまっていて、金星人たちが主…

読書記録 - 「理論とケースで学ぶ 企業倫理入門」 高浦康有・藤野真也 編

理論とケースで学ぶ 企業倫理入門 白桃書房 Amazon 企業倫理学は、誤解を恐れずに言えば、グッド・ビジネスとは何かを探求する学問である。そして、「グッド」の基準を定めることの難しさと「ビジネス」という言葉の多様性がこの学問の面白いところだと思っ…

読書記録 - 「世界史の考え方 シリーズ歴史総合を学ぶ①」 小川幸司/成田龍一 著 岩波新書

世界史の考え方 シリーズ歴史総合を学ぶ (岩波新書) 岩波書店 Amazon 私は高校生のとき、世界史や日本史は選択せずに地理を選択しました。というのも歴史は暗記するだけの科目というイメージがあったからです。 しかし、この本を読んで歴史を学ぶということ…

読書記録 - 「日本の品種はすごい - うまい植物をめぐる物語」 竹下大学 著 中公新書

日本の品種はすごい-うまい植物をめぐる物語 (中公新書 (2572)) 作者:竹下 大学 中央公論新社 Amazon ジャガイモ、ナシ、リンゴ、ダイズ、カブ、ダイコン、ワサビについての品種のお話。 美味しい品種を作ろうと頑張る人たちに感謝です。

読書記録 - 「SDGs --- 危機の時代の羅針盤」 南博 & 稲葉雅紀 著 岩波新書

SDGs――危機の時代の羅針盤 (岩波新書) 作者:南 博,稲場 雅紀 岩波書店 Amazon この本を読んで思ったのは、 SDGs は現在の人間世界が直面している危機のカタログみたいなものだ、ということです。 17のゴールとして2030年までに達成しなければならない目標が…

読書記録- 「日本の国会議員-政治改革後の限界と可能性」 濱本真輔 著 中公新書

日本の国会議員-政治改革後の限界と可能性 (中公新書, 2691) 作者:濱本 真輔 中央公論新社 Amazon 日本の国会議員の様子を各種サーベイや公表資料からまとめたもの。 国会議員が戦後から全体としてどのように変化してきているのかを、人材、選挙、政策形成、…

読書記録 - 「物理学はいかに創られたか - 初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展」 (上巻・下巻 ) アインシュタイン、インフェルト 著 岩波新書

物理学はいかに創られたか〈上,下巻〉―初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展 (1950年) (岩波新書) 作者:アインシュタイン,インフェルト Amazon 抽象的な話が多く、よくわからなかったが、下巻の最後のほうに 「私たちの理論的の構成によってこ…

読書記録 - 「ヘイト・スピーチとは何か」 師岡康子 著 岩波新書

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) 作者:師岡 康子 岩波書店 Amazon この本が書かれたのは2013年11月なのでほぼ10年前です。 このときから日本がどのくらいヘイト・スピーチやマイノリティ、弱者に対する差別を少しでも無くすような施策をしてきたのだろ…

読書記録 - 「南極の氷に何が起きているか - 気候変動と氷床の科学」杉山 慎 著 中公新書

南極の氷に何が起きているか-気候変動と氷床の科学 (中公新書, 2672) 作者:杉山 慎 中央公論新社 Amazon 南極にある氷は、地球にある淡水の大部分だそうです。 そして、その氷が地球温暖化の影響で融けて少なくなってきているそうです。 ただ、南極の氷全体…

読書記録 - 「新型コロナと向き合う - 「かかりつけ医」からの提言」 横倉義武 著 岩波新書

新型コロナと向き合う: 「かかりつけ医」からの提言 (岩波新書 新赤版 1900) 作者:横倉 義武 岩波書店 Amazon 著者は2012年から2020年6月まで日本医師会会長をしていました。 日本医師会からみた新型コロナの対応が第1章で時系列的に書かれていて、第2章でそ…

読書記録 - 「保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで」 宇野重規 著 中公新書

保守主義とは何か - 反フランス革命から現代日本まで (中公新書) 作者:宇野 重規 中央公論新社 Amazon 保守主義とは、進歩主義に対抗するもの。 現在は「進歩」に対して懐疑的な感情も多くなっているので、それに対応して保守主義も曖昧な感じになっている。…

読書記録 - 「中国名文選」 興膳宏 著 岩波新書

中国名文選 (岩波新書) 作者:興膳 宏 岩波書店 Amazon 漢文の名文を12章で12人分紹介しています。 印象に残ったのは、この紹介された12人の多くが左遷されたり不遇なときを過ごしたことがあることです。

読書記録 - 「怨霊とは何か 菅原道真・平将門・崇徳院」 山田雄司 著 中公新書

怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書) 作者:山田 雄司 中央公論新社 Amazon 怨霊とは死ぬときに深い怨念を抱いて死んで、現世の世界に祟りをもたらす存在です。 菅原道真・平将門・崇徳院が日本の三大怨霊だそうです。 崇徳院は知らなかった…

読書記録 - 「系外惑星と太陽系」 井田茂 著 岩波新書

系外惑星と太陽系 (岩波新書) 作者:井田 茂 岩波書店 Amazon 私たちが住んでいる太陽系以外にある惑星を系外惑星と呼ぶそうです。 昔は、私たちの太陽系の地球は特別な星だと考えられていましたが、実際はそうでもなくて、地球と同じ大きさぐらいの惑星はか…

読書記録 - 「日本の先史時代 旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす」藤尾慎一郎 著 中公新書

日本の先史時代-旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす (中公新書 2654) 作者:藤尾 慎一郎 中央公論新社 Amazon 旧石器時代から、縄文時代、弥生時代、古墳時代へとどのように日本が移ってきたのかを説明しています。 これらの時代の区分が研究者によっ…

読書記録 - 「法医学者の使命「人の死を生かす」ために」 吉田謙一 著 岩波新書

法医学者の使命 「人の死を生かす」ために (岩波新書 新赤版 1890) 作者:吉田 謙一 岩波書店 Amazon 60件ぐらいの法医学者が関わった死亡案件がこの本には載っています。 まず、思ったのは死亡原因を決めるはとても難しいことなんだ、ということと、 検察官…

読書記録 - 「高地文明 - 「もう一つの四大文明」の発見」 山本紀夫 著 中公新書

高地文明―「もう一つの四大文明」の発見 (中公新書 2647) 作者:山本 紀夫 中央公論新社 Amazon 一般に知られている四大文明は、黄河文明、エジプト文明、インダス文明、メソポタミア文明の4つで、これらの文明は大河があることによって、穀類の大量栽培が可…

読書記録 - 「市民科学者として生きる」 高木仁三郎 著 (岩波新書)

市民科学者として生きる (岩波新書) 作者:高木 仁三郎 岩波書店 Amazon 「プルトニウムの危険性を世界の人々に知らしめ、また情報公開を政府に迫って一定の成果を上げるなど、市民の立場に立った科学者」の高木仁三郎博士の自伝的な本です。

読書記録 - 「日本近代史講義 - 成功と失敗の歴史に学ぶ」 山内昌之・細谷雄一 編集著 中公新書

日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ (中公新書) 作者:山内昌之,細谷雄一 中央公論新社 Amazon 「歴史は無限の宝庫」これは、あとがきにある言葉です。 この無限の宝庫である歴史を活かすためには事実を正しく認識しなければなりません。 本書は2015年1…

読書記録 - 「花粉症と人類」 小塩海平 著 (岩波新書)

花粉症と人類 (岩波新書 新赤版 1869) 作者:小塩 海平 発売日: 2021/02/22 メディア: 新書 花粉症は文明病というか人類が自然を乱開発して自然のバランスを崩した結果だと言える。 日本はスギ花粉症、アメリカはブタクサ花粉症、ヨーロッパはバラの花粉症な…

読書記録 - 「入門 人間の安全保障 - 恐怖と欠乏からの自由を求めて」長有紀枝 著 (中公新書)

入門 人間の安全保障 増補版-恐怖と欠乏からの自由を求めて (中公新書 2195) 作者:長 有紀枝 発売日: 2021/01/18 メディア: 新書 人間の安全保障となんだろうか? 曖昧な概念だか、恐怖や欠乏から逃れたい、逃れる権利がある、ということかなと感じた。国や…

読書記録 - 「リスクの正体 --- 不安の時代を生き抜くために」 神里達博 著 岩波新書

リスクの正体――不安の時代を生き抜くために (岩波新書) 作者:神里 達博 発売日: 2020/06/20 メディア: 新書 もともとは朝日新聞に連載されていたコラムのようです。 日本が遭遇した様々な出来事、私たちの安心安全が脅かされるような、についてのコラムです…