crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思います。

法人企業統計の分析4 - ヒストグラム

 

f:id:cross_hyou:20180519121731j:plain


2016年度の法人企業統計年報のヒストグラムです。

前回の度数分布表をもとに作成しています。

母集団数

f:id:cross_hyou:20180526105434j:plain

500社以下のデータが一番多いことがわかります。一番右の110000には意味はなくて、5000以上という意味です。

 

総資本経常利益率

f:id:cross_hyou:20180526105652j:plain

4.0~5.0のレンジのところが一番多く、山型に分布しています。

一番右は、9.0以上という意味です。

 

売上高営業利益率

f:id:cross_hyou:20180526105912j:plain

これも、4.0~5.0のレンジが一番多く、山型の分布です。

一番右は、9.0以上という意味です。

 

総資本回転率

f:id:cross_hyou:20180526110141j:plain

総資本回転率は、1.00~1.25の値が一番多いです。

 

こうして見ると、母集団以外の総資本経常利益率売上高経常利益率総資本回転率の3つは真ん中当が高い普通の山型の分布ですが、母集団の分布は、一番左が多いという

かたちになっていることがわかります。