crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

県庁所在市・政令指定都市・東京都特別区の人口・面積・課税対象所得・一般行政職員人数の分析1 - 神奈川県横浜市は大きい

県庁所在市・政令指定都市・東京都特別区の人口・面積・課税対象所得・一般行政職員人数の分析をします。

まずは、政府統計の総合窓口(www.s-stat.go.jp)からデータを取得します。

f:id:cross_hyou:20190817115601j:plain

このように、特別区、県庁所在市、政令指定都市を指定します。74地域あります。

f:id:cross_hyou:20190817115707j:plain

データ項目として、総人口(人)、総面積(ha)、課税対象所得(千円)、一般行政部門職員数(人)を選択して、CSVファイルにダウンロードします。

f:id:cross_hyou:20190817115843j:plain

こんな感じです。このファイルをR言語のread.csv関数で読込みます。

f:id:cross_hyou:20190817115919j:plain

こうなりました。Yearは年度ですが、2000年、2005年、2010年、2015年の4年のデータがあるようですね。不要なファクタ水準を整理します。

f:id:cross_hyou:20190817120245j:plain

あ、2000年度だけ観測数が73ですね。2000年度を削除したデータフレームを作成します。

f:id:cross_hyou:20190817120500j:plain

さきほどと同じようにして、Yearの2000年度という水準を削除します。

f:id:cross_hyou:20190817120807j:plain

これで、欠損の無いデータフレームができました。

人口の分布を見てみましょう。2015年の最新の人口のヒストグラムや箱ひげ図、小さい順に並べたグラフを描きます。まずは、関数を作成します。

f:id:cross_hyou:20190817122806j:plain

みっつグラフを描くので、san()という関数名で定義しました。それぞれのグラフに赤線で平均値、青線で中央値を引くようにしました。

それでは、2015年度の人口(Popu)をグラフにします。

f:id:cross_hyou:20190817123249j:plain

f:id:cross_hyou:20190817123303j:plain

人口はヒストグラムを見ると、右側に裾野が広がっている分布ですね。

面積はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190817123619j:plain

f:id:cross_hyou:20190817123635j:plain

面積も人口ほどではないですが、右の裾野が広がっています。

課税対象所得はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190817123953j:plain

f:id:cross_hyou:20190817124021j:plain


課税対象所得も前の二つと同じで右側に裾野が広がっています。

最後の一般行政職員数はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190817124434j:plain

f:id:cross_hyou:20190817124512j:plain

一般行政職員数も同じですね。

県庁所在市、政令指定都市、東京都特別区の合計74地域は規模にかなりの格差があることがわかりました。

それでは、それぞれのデータ項目の大きいところ、小さいところを見てみます。

f:id:cross_hyou:20190817125650j:plain

tapply関数で2015年度の地域別の平均値を出して、sort関数で並び替えました。2015年度は各地域一つの値しかありませんから平均値=その年度の値になりま。なので、平均値でなくても最小値でも最大値でも中央値でも同じです。東京都千代田区が一番人口が少なく5万8406人、神奈川県横浜市が一番多く372万4844人です。

面積はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190817130254j:plain

面積は東京都台東区が一番小さく1011haで、静岡県浜松市が一番広く15万5806haです。今回はtapply関数にmin関数を使いました。

課税対象所得はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20190817130834j:plain

課税所得が少ないのは鳥取県鳥取市で、2141億7015万5千円です。一番多いのは神奈川県横浜市で、7兆0839憶9176万8千円です。

一般行政職員数をみます。

f:id:cross_hyou:20190817131626j:plain

職員数が一番少ないのは、東京都千代田区で840人です。一番多いのは大阪府大阪市で1万5097人です。

今回はここまでです。神奈川県横浜市は規模が大きいです。