crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

台風の発生数と上陸数のデータの分析1 - 気象庁からデータを取得して、R言語に読込む

今回は、気象庁のホームページ

www.jma.go.jp


から、台風の発生数、上陸数のデータを取得して分析しようと思います。

f:id:cross_hyou:20190918193831j:plain

 

f:id:cross_hyou:20190918193843j:plain

 

f:id:cross_hyou:20190918193934j:plain

 

からデータをダウンロードしました。

台風の発生数、上陸数、那覇と東京の月別の平均気温を取得しました。

f:id:cross_hyou:20190918194026j:plain

気温はこんなデータファイルですね。

f:id:cross_hyou:20190918194118j:plain

上陸数はこんなファイルです。

R言語で処理しやすいようにファイルを加工してからread.csv関数で読込みます。

f:id:cross_hyou:20190918195200j:plain

こんな感じで台風発生回数のデータを読込み、hasseiという名前のデータフレーム保存しました。

f:id:cross_hyou:20190918195457j:plain

台風の上陸風はこんな感じです。

f:id:cross_hyou:20190918195714j:plain

気温データはこんな感じです。

まず、NAを0に変換しましょう。どうしたらいいのかな?

今回は以上です。次回にNAを0に変換しましょう。