crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別のデジタル教科書の整備率のデータの分析4 - R言語のdist関数、hclust関数、plot関数でクラスター分析

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回はクラスター分析をしてみます。

まずは、データフレームをマトリックスに変換します。as.matrix関数を使います。

f:id:cross_hyou:20210129204711p:plain

rownames関数でマトリックスの行名を都道府県にしました。

マトリックスにしたらあとは、簡単です。

f:id:cross_hyou:20210129204842p:plain

このように、dist関数、hclust関数、plot関数でクラスターの図がでてきます。

こんな感じです。

f:id:cross_hyou:20210129205046p:plain

このように、高等学校のデジタル教科書の整備率の高い佐賀県、石川県、福岡県がその他の都道府県とくっきりわかれています。

今回は以上です。

次回は、

 

www.crosshyou.info

 です。

はじめから読むには、

 

www.crosshyou.info

 です。