crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思います。

景気ウォッチャー調査分析4 - 分野別DIのデータをヒストグラムで表示

前回R言語で読み込ませた2018年05月の分野別の景気の現状判断DI(方向性)のヒストグラムを表示してみましょう。hist関数で簡単にできます。

f:id:cross_hyou:20180609151150j:plain

こんなエクセルファイルが内閣府のホームページから取得できます。

これをR言語に読み込ませるために、

f:id:cross_hyou:20180609152234j:plain

こんな感じに加工して、read.csvファイルで読み込ませます。

f:id:cross_hyou:20180609152722j:plain

summary関数でそれぞれのDIの最大値や最小値、平均値などを表示しています。

ヒストグラムは以下のようになります。hist関数を使います。

f:id:cross_hyou:20180611122630j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122649j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122707j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122725j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122741j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122758j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122816j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122834j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122849j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122902j:plain

f:id:cross_hyou:20180611122916j:plain

すべてのヒストグラムの形状が左に裾が広くなっています。

50が景気の良し悪しの分かれ目ですが、50以下の左側の裾が広くなっていますから、景気が凄く悪い(40以下)というときが景気が凄く良い60(より大きい)というときよりもたくさんあったいえるでしょう。