crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

消費動向調査のデータ分析8 - 住宅ローンの有無や、持家か賃貸かで暮らし向きに違いがあるかどうか?

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は住宅ローンの有無や持家・賃貸で暮らし向きに違いがあるかどうかを調べましょう。

はじめに必要なデータを抽出します。R言語のデータフレームのsubscriptsのテクニックを使います。

f:id:cross_hyou:20200414131901j:plain

この表から、ローン有り、ローン無しだけにします。matrix関数でマトリックスを作り、rownames関数で行の名前を、colnames関数で列の名前を設定します。

f:id:cross_hyou:20200414132006j:plain

ローン有りの世帯のほうがGoodが多いですね。

割合で表示します。rouSums関数で行ごとの合計値を算出して分母にします。round関数で小数点以下2桁だけにしました。

f:id:cross_hyou:20200414132124j:plain

ローン有りのGoodの比率は4.6%に対して、ローン無しのほうは1.59%です。

グラフで視覚化します。barplot関数を使います。

f:id:cross_hyou:20200414132731j:plain

f:id:cross_hyou:20200414132743j:plain

カイ2乗検定をします。chisq.test関数を使います。

f:id:cross_hyou:20200414132832j:plain

p-valueが3.345e-09と0.05よりも小さいですから、ローンの有無と暮らし向きは関連性があります。

残差調整済みマトリックスを見てみます。$stdresで呼び出します。

f:id:cross_hyou:20200414133003j:plain

ローンの有り無しとGoodは有意な関連性があることがわかりました。
ローンのある世帯のほうが暮らし向きがいいのですね。

 

次は、持家か賃貸かで暮らし向きに違いがあるかどうかを調べます。

まずはデータを用意します。

f:id:cross_hyou:20200414135935j:plain

割合で表示してみます。

f:id:cross_hyou:20200414140413j:plain

あまり、差があるようには見えないですね。

カイ2乗検定で確かめます。

f:id:cross_hyou:20200414140519j:plain

p-valueが0.0065と0.05よりも(わずかですが)大きいので、有意差はありません。

持家か賃貸かでは暮らし向きに違いは無いようです。

今回は以上です。