crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別のエンゲル係数のデータの分析2 - R言語で各変数のヒストグラムを描く。調査年による違いがあるとは言えないことをANOVA分析で確認する。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、各変数のヒストグラムを描いて、データの分布形状を確かめます。

まずはengel: エンゲル係数からです。

f:id:cross_hyou:20210306210029p:plain

f:id:cross_hyou:20210306210044p:plain

少し右側の裾野が広い分布です。

year: 調査年別でもみておきます。

f:id:cross_hyou:20210306210222p:plain

f:id:cross_hyou:20210306210237p:plain

調査年は2005, 2006, 2007年です。目立った違いはないようです。aov関数でANOVA分析をしてみます。

f:id:cross_hyou:20210306210454p:plain

p値は0.757ですのでyearによってengelに違いがあるとはいえないです。

つぎに、gdp_pop: 1人当たりの県内総生産額(平成17年基準)【百万円】のヒストグラムを描きます。

f:id:cross_hyou:20210306210720p:plain

f:id:cross_hyou:20210306210736p:plain

右端に離れ小島のようにデータがありますね。おそらく東京都でしょう。

対数変換してみましょう。

f:id:cross_hyou:20210306210921p:plain

f:id:cross_hyou:20210306210937p:plain

対数変換したほうが、右はしの離れ小島が少し大多数のグループと接近しましたね。

対数変換した値でyear別にヒストグラムを描いてみます。

f:id:cross_hyou:20210306211145p:plain

f:id:cross_hyou:20210306211158p:plain

log_gdp_pop: 対数変換した1人当たりの県内総生産額もyearによる違いはないようですね。ANOVA分析で確認します。

f:id:cross_hyou:20210306211527p:plain

p値が0.842です。yearによる違いはありませんね。

続いて、mf: 男女比率のヒストグラムをみてみます。

f:id:cross_hyou:20210306211705p:plain

f:id:cross_hyou:20210306211720p:plain

左右のかたよりはlog_gdp_popのようにはないです。

year別のヒストグラムをみてみます。

f:id:cross_hyou:20210306211936p:plain

f:id:cross_hyou:20210306211951p:plain

mfもyearによる違いはないようですね。ANOVA分析で確認します。

f:id:cross_hyou:20210306212215p:plain

p値は0.989です。mfはyearによる違いはありません。

working: 15~64歳の人口割合【%】のヒストグラムを描きます。

f:id:cross_hyou:20210306212356p:plain

f:id:cross_hyou:20210306212411p:plain

二つの山頂がある形ですかね。

year別のヒストグラムを描きます。

f:id:cross_hyou:20210306212540p:plain

f:id:cross_hyou:20210306212554p:plain

workingもyearによる違いはあるとは言えなさそうです。ANOVA分析で確認します。

f:id:cross_hyou:20210306212752p:plain

p値は0.344なのでworkingもyearによる違いはありません。

まあ、2005、2006、2007という連続した3年間ですからどの変数も年による違いはないですよね。

前回、確認していなかった、各変数の標準偏差と変動係数を確認しておきます。

f:id:cross_hyou:20210306213138p:plain

変動係数は標準偏差/平均値です。

f:id:cross_hyou:20210306213848p:plain

変動係数でみると、gdp_popが一番変動の度合いが大きいですね。workingが一番ちいさいです。

今回は以上です。

次回は、

 

www.crosshyou.info

 です。

はじめから読むには、

 

www.crosshyou.info

 です。