crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

貯蓄動向調査の分析1 - 基本統計量をR言語で取得(read.csv関数 >> summary関数 と str関数)

今回は、貯蓄動向調査のデータを分析したいと思います。

政府統計の総合窓口、e-Statのデータベースからデータをダウンロードしました。

f:id:cross_hyou:20181107105418j:plain

こういうサイトですね。このサイトの右側にある「ダウンロード」をクリックして取得したファイルがこれです。

f:id:cross_hyou:20181107105546j:plain

これを整理してR言語に読込ませるようにしたのがこちらです。

f:id:cross_hyou:20181107111439j:plain

このCSVファイルのデータをread.csv関数で読込み、summary関数で基本統計量を取得しましょう。

f:id:cross_hyou:20181107111847j:plain

f:id:cross_hyou:20181107111859j:plain

str関数で変数を確認しておきましょう。

f:id:cross_hyou:20181107112025j:plain

89の観測値と49の変数があることがわかります。

ファクターは「世帯タイプ」と「年次」でその他は数値(小数点ありか整数)であることがわかります。

今回はここまでです。

 次回は

 

www.crosshyou.info

です。