crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

小売物価統計調査の全国統一品目のデータ分析5 - R言語のggplot2パッケージのgeom_point関数で散布図を描く。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、R言語のggplot2パッケージのgeom_point関数で散布図を描きます。

geom_point関数で散布図

散布図

7月の価格と6月の価格なので、ほぼ一直線上に並んでいます。軸のスケールを対数にします。scale_x_log10()とscale_y_log10を使います。

scale_x_log10

散布図

こちらのほうがわかりやすいですね。

Month_chgとYear_chgの散布図を描いてみましょう。

geom_point関数で散布図

geom_point関数で散布図

これも軸を対数変換しましょう。

geom_point関数で散布図

geom_point関数で散布図

あまりかわらない感じですが、特に傾向は無いようですね。

今回は以上です。