crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別のパスポート発行数のデータ分析6 - 全部のデータを使って、年や月別の発行数に違いはあるのか?を検証する。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は47都道府県全部のデータを使って、年、月にパスポート発行数に違いがあるのかどうかをANOVAで検定してみます。

f:id:cross_hyou:20201212121906p:plain

p値が0.005586と0.05よりも小さい値なので、年によって発行数に違いがあると言えそうです。

TukeyHSD関数でどの年とどの年が平均値に違いがあるのかを見てみます。

f:id:cross_hyou:20201212122404p:plain

2010年と2014年の組み合わせが有意に違いがありました。

グラフにしてみます。

f:id:cross_hyou:20201212122714p:plain

f:id:cross_hyou:20201212122729p:plain

こんどは月ごとに違いがあるかどうかを調べます。

f:id:cross_hyou:20201212122829p:plain

p値が3.841e-07なので0.05よりも小さいです。従いまして、月ごとにパスポート発行数に違いがあるといえます。

TukeyHSD関数でどの月の組み合わせが有意に違うのか見てみます。

f:id:cross_hyou:20201212123036p:plain

ちょっと組み合わせの表が大きくなりすぎて、わからないです。

0.05以下の組み合わせだけにしてみます。

f:id:cross_hyou:20201212123327p:plain

11月と1月、12月と7月、8月と4月、11月と7月、9月と8月、10月と8月、12月と8月、11月と8月に有意な違いがあります。8月は47都道府県で見ても発行数が多いのですね。

plot関数でグラフで表示しましょう。

f:id:cross_hyou:20201212123806p:plain

f:id:cross_hyou:20201212123822p:plain

今回は以上です。

 次回は

 

www.crosshyou.info

 です。

第1回目は

 

www.crosshyou.info

 です。