crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別のバスのデータの分析2 - R言語で年ごとのバス会社の数の推移を見る。増加傾向にあることがわかる。

f:id:cross_hyou:20210710145540j:plain

Photo by Johannes Plenio on Unsplash

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

前回までで、pop: 総人口の他はNAがあることがわかりました。とりあえず。各変数の一番新しい年がいつなのかを確認します。

まず、gdp: 県内総生産額は一番新しい年はいつのデータでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710151314p:plain

gdpは2014年のデータが一番新しいです。

firm: バス会社の数はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710151536p:plain

firmは2013年が一番新しいです。

passenger: 旅客輸送人員(営業用・バス・人)はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710151958p:plain

passengerは2018年が一番新しいです。

worker: 就業者数(運輸業・人)はどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710152320p:plain

workerは2005年が一番新しいです。

どうしましょうかね。せっかくですが、passngerとworkerを除外しましょう。

f:id:cross_hyou:20210710152842p:plain

これでNAのないデータフレームができました。2001年から2013年という13年間のデータがありますね。

まず。年ごとのpop, gdp, firmの平均値の推移をみてみましょう。

まずはpopから

f:id:cross_hyou:20210710153425p:plain

f:id:cross_hyou:20210710153439p:plain

あまり変化しているとはいえないですね。

gdpはどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710153745p:plain

f:id:cross_hyou:20210710153756p:plain

gdpは2008年、2009年に落ち込んでいます。リーマンショックの影響でしょうね。

firmはどうでしょうか?

f:id:cross_hyou:20210710154109p:plain

f:id:cross_hyou:20210710154121p:plain

おお!firm: 事業者(バス・社)、つまりバス会社の数は増加傾向にあることがわかりますね。人口や県内総生産額が横ばいという状況で、バス会社が明確な上昇トレンドになっているのは興味深いですね。

今回は以上です。

次回は、

 

www.crosshyou.info

 です。

はじめから読むには、

 

www.crosshyou.info

 です。