crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の一般事業投資額のデータ分析5 - R言語のlm関数で回帰分析。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。
今回は、Touout(1人当りの一般事業投資額)を反応変数にして、説明変数をNonout(通学も従業もしていない人口の割合), Salaout(1人当りの給料・俸給), Zaiout(1人当りの財産所得, Shoout(1人当りの県民所得)を説明変数にして回帰分析をしたいと思います。

これらの変数は、前回の分析で外れ値の都道府県(東京都、岩手県、宮城県、福島県)を除外してあります。
lm関数で回帰分析をします。

f:id:cross_hyou:20200406153213j:plain

Zaioutは削除してもよさそうです。

f:id:cross_hyou:20200406153320j:plain

update関数でmodel1からZaioutを削除したmodel2を作成し、anova関数でmodel1とmodel2を比較しています。p値は0.917なのでmodel1とmodel2に有意差はありません。

model2を見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200406154603j:plain

Shooutを削除します。

f:id:cross_hyou:20200406154653j:plain

Shooutを削除したmodel3とmodel2をanova関数で比較しています。p値は0.8284なので有意な違いはありません。model3を見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200406154828j:plain

Nonoutを除外します。

f:id:cross_hyou:20200406154921j:plain

model3とmodel4では有意な違いは無いです。model4を見てみます。

f:id:cross_hyou:20200406155024j:plain

model4のp値は5.735e-06と0.05よりも小さいので有意なモデルです。Intercept, Salaoutの係数についてのp値も0.05以下です。

Touout = 494.44 - 197.30 x Salaout

というモデル式ですね。Salaoutが1(百万円)増えると、197.30(千円)減るということですね。1人当たりの給料・俸給が百万円増えると、1人当りの一般事業投資額は19万7300円減るということです。
最後にTououtとSalaoutの散布図と回帰モデルの直線を描いて終わりましょう。

f:id:cross_hyou:20200406155603j:plain

f:id:cross_hyou:20200406155616j:plain