crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

貯蓄動向調査の分析4 - R言語のgeom_lineで年間収入、貯蓄率、負債率の推移の折れ線グラフを描く

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

前回までで作成したtibble形式のデータセットはこちらでした。

f:id:cross_hyou:20181109121635j:plain

これに負債率もmutate関数で計算して加えましょう。

f:id:cross_hyou:20181109121707j:plain

年次が昭和34年などと和暦なので西暦の列を加えます。mutate関数です。

f:id:cross_hyou:20181109121800j:plain

View関数で全体を表示してみます。

f:id:cross_hyou:20181109121830j:plain

f:id:cross_hyou:20181109121844j:plain

このようになります。

それでは、ggplot関数のgeom_line関数で折れ線グラフを描いてみましょう。

f:id:cross_hyou:20181109122151j:plain

f:id:cross_hyou:20181109122201j:plain

年間収入は最後の数年、全世帯も勤労者世帯も下落しています。

f:id:cross_hyou:20181109122458j:plain

f:id:cross_hyou:20181109122511j:plain

貯蓄率は毎年増加していて、全世帯のほうが高いです。

f:id:cross_hyou:20181109122732j:plain

f:id:cross_hyou:20181109122742j:plain

貯蓄率よりも負債率のほうが似通った水準ですね。

今回は以上です。

 次回は

 

www.crosshyou.info

 

です。