crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

東京都の新型コロナ陽性者数のデータ分析8 - R言語のfisher.test関数で性別と退院済フラグのクロス表分析をする。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、性別と退院済フラグのクロス表分析をします。

f:id:cross_hyou:20200607171117j:plain

性別の調査中と不明を削除しましょう。

f:id:cross_hyou:20200607171222j:plain

table関数でクロス表を作ります。

f:id:cross_hyou:20200607171319j:plain

男性のほうが退院済フラグが1の比率が多いようです。

prop.table関数で見てみましょう。

f:id:cross_hyou:20200607171428j:plain

男性は90%, 女性は86%が退院済フラグが1です。

今回は 2x2 のクロス表なので、カイ二乗検定ではなくて、Fisher's Exact Testをします。

f:id:cross_hyou:20200607171632j:plain

p-value = 4.514e-05と0.05よりも小さいです。性別と退院済フラグは関連性があります。

退院済フラグは年代と関連性があり、女性のほうが年代が高い人が多いからかもしれないです。

退院済フラグは、性別と年代の2つの変数で分析しないといけないような気がします。

今回は以上です。