crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の老人福祉費と児童福祉費の分析9 - R言語で、老人福祉費 / 児童福祉費 という比率を計算。沖縄県以外はどこも老人福祉費のほうが多い。

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、老人福祉費 / 児童福祉費 という比率を計算してみます。

まず、老人福祉費と児童福祉が同じ都道府県の順番で並んでいるか確認します。

f:id:cross_hyou:20191019104251j:plain

== で同じかどうかをテストしました。すべてTRUEなので同じですね。sumでTRUEの数を数えると、47ですから47都道府県すべて同じ順番です。

それでは比率を計算します。

f:id:cross_hyou:20191019104445j:plain

沖縄県は比率が1.0以下ですから老人福祉費よりも児童福祉費のほうが多いのですね。その他の都道府県はすべて比率は1.0以上です。新潟県が3.27で一番高い比率です。

summary関数で平均値や中央値を調べます。

f:id:cross_hyou:20191019104826j:plain

中央値は2.1780、平均値は2.1671です。老人福祉費が児童福祉費の2倍強というのが平均ですね。

3つのグラフを描いてみます。

f:id:cross_hyou:20191019105059j:plain

f:id:cross_hyou:20191019105109j:plain

山型の分布です。

それでは、この老人福祉費 / 児童福祉費, OldChildをavgPop, avgArea, avgGDPの3つの変数で重回帰分析をしてみましょう。

まずは、一番複雑なモデルからスタートします。

f:id:cross_hyou:20191019105553j:plain

p-valueが0.1715と0.05よりも大きいですから、このモデルは有意ではないということです。老人福祉費 / 児童福祉費 は人口、面積、県内総生産では説明がつかないということですね。一応、step関数でモデルを単純化してみます。

f:id:cross_hyou:20191019110138j:plain

以下省略して、summaryを表示します。

f:id:cross_hyou:20191019110209j:plain

avgPop:avgGDPのp値は0.0866ですから不要かもですね。確認します。

f:id:cross_hyou:20191019110458j:plain

Pr(>F)の値が0.08664と0.05よりも大きいですから、model3を採用します。

f:id:cross_hyou:20191019110639j:plain

p-valueは0.04536と0.05より小さいので有意なモデルです。avgPopはいらなさそうです。

f:id:cross_hyou:20191019110827j:plain

model3とmodel4に有意な差は無いです。model4を採用します。

f:id:cross_hyou:20191019110957j:plain

p-valueは0.03841と0.05より小さいので有意なモデルです。avgGDPもいらなさそうですね。

f:id:cross_hyou:20191019111149j:plain

p値は0.4378と0.05よりも大きいので、model5を採用します。

f:id:cross_hyou:20191019111307j:plain

p-valueは0.01448と0.05よりも小さいので有意なモデルです。このmodel5はavgAreaが変数の単回帰モデルですね。I(avgArea^2)を追加してみます。

f:id:cross_hyou:20191019111544j:plain

p値が0.1762と0.05よりも大きいので、I(avgArea^2)を追加しても意味ないということですね。model5が最終的なモデルです。

散布図と回帰直線を描きます。

f:id:cross_hyou:20191019111913j:plain

f:id:cross_hyou:20191019111923j:plain

散布図の一番右のプロット、北海道が大きく影響しているようですね。

北海道を除外したら結果はまた変わるかもしれません。もしくは対数値の人口、面積、県内総生産で回帰分析したら結果はかわるかもしれないですね。

今回は以上です。