crosshyou

主にクロス表(分割表)分析をしようかなと思いはじめましたが、あまりクロス表の分析はできず。R言語の練習ブログになっています。

都道府県別の生活保護被保護実世帯数データの分析5 - R言語でGeneralized Additive Model

 

www.crosshyou.info

 の続きです。

今回は、gam関数でgeneralized additive modelというのをやってみたいと思います。

Michael J. Crawley の Statistics: An introduction using R

 

Statistics: An Introduction Using R

Statistics: An Introduction Using R

  • 作者:Michael J. Crawley
  • 出版社/メーカー: Wiley
  • 発売日: 2014/11/24
  • メディア: ペーパーバック
 

 を参考にしました。

f:id:cross_hyou:20200116190508p:plain

f:id:cross_hyou:20200116190526p:plain

summary関数でmodelを見てみます。

f:id:cross_hyou:20200116190802p:plain

こうなりましたが、何を見たらいいのか全然わかりません。

前回のlm関数で作成したmodel2と比較したいと思います。AICを比較します。

f:id:cross_hyou:20200116193430p:plain

AICはmodel2のほうが小さいですから、lm関数で分析した線形モデルのほうがいいです。

今回は以上です。