www.crosshyou.info

政府統計の総合窓口のデータや、OECDやUCIやのデータを使って、Rの練習をしています。ときどき、読書記録も載せています。

都道府県別の工業統計調査のデータの分析3 - ひとつひとつの工場の規模が大きいのは山口県

UnsplashAnthony DELANOIXが撮影した写真 

www.crosshyou.info

の続きです。

引き続き、各変数をグラフにしていきます。まずは、input : 原材料使用額(百万円単位)です。

summary()関数で基本統計値を確認します。

一番少ないところは、3434億円、一番多いところは、29兆円、平均値は4兆1958億円、中央値は2兆7436億円です。

グラフにしてみます。

愛知県がダントツです。

1事業所当たりの原材料額をみてみます。

一番少ないところは、3億1000万円、一番多いところは、23億4900万円、平均値は9億2600万円、中央値は7億2500万円です。

1事業所当たりの原材料使用額をinp_numという変数として保存をして、グラフにしてみます。

山口県が一番です。山口県の事業所は規模の大きなところが多いのでしょうね。

次は、output : 製造品出荷額(百万円単位)です。まずはsummary()関数を使い、基本統計値を確認します。

一番少ないところは、5259億円、一番多いところは、43兆8313億円、平均値は6兆4923億円、中央値は4兆5589億円でした。

グラフにしてみます。

愛知県がダントツです。愛知県は工業県なのですね。

output / input 、原材料使用額当たりの製造品出荷額を見てみましょう。

一番少ないところは、1.321、一番多いところは、2.194、平均値は1.597で中央値は1.601です。

これをout_inpという名前の変数として保存してグラフにしてみます。

徳島県が一番ですね、愛知県は意外でしたが、下のほうです。

次は、add : 付加価値額(百万円単位)です。

一番少ないところは、1215億円、一番多いところは、12兆8645億円、平均値は1兆9635億円、中央値は1兆2490億円でした。

グラフにしてみます。

愛知県がダントツです。

addをstaffで割り算して、従業員1人当たりの付加価値額を計算してみます。

一番少ないところは490万円、一番多いところは、1900万円、平均値は1100万円、平均値は1000万円です。

これを、add_sta という名前の変数として保存してグラフにしてみます。

従業員1人当たりの付加価値額が一番多いところは、山口県でした。二番目が徳島県で、三番目が愛知県でした。

今回は以上です。

次回は、

www.crosshyou.info

です。

 

初めから読むには、

www.crosshyou.info

です。